Main Page

From Valentino Fans
Jump to: navigation, search

仕入れた商品に不備はないか、カラーやサイズは合っているかなど、検品を行なう際にかかる費用です。 2. 検品手数料 ・仕入れ代行手数料や転送手数料に+1ドル、+1元といった形で上乗せされます。輸入代行業者は、タオバオの店舗から購入した商品に不良品や粗悪品がないか確認した上で、日本への発送業務を行います。 アリババドットコムは取引企業が海外ということで、出店側の中国企業も大きな取引を望む店舗が多く、必然的に最小ロットも大きい場合が多いです。 タオバオ代行、アリババ代行等の中国輸入代行業者の事業体としての規模はまだまだ小さい所がほとんどですが、弊社では大手企業の検品にどれだけ近づけるのかをスタッフ全員で高い意識を持って取り組んでます。契約、仕入れ後の検品、転送、通関などにかかる人件費がメイン。得意分野なら独自ルートで商品を安く仕入れられるほか、定期便で他の荷物とあわせて輸送することで配送料が抑えられるなど、さまざまなメリットがあります。 また、最近では廉価な定額料金で輸入業務全般を請け負う業者も増えてきました。



保証金とは別に、技術サポート料という名称の料金も必要で、金額は業種によって異なり3万元~6万元。 また、危険物(可燃性の液体など)や1辺2mを超えるような機械類を輸入する場合は特別配送料、輸入した商品を一時的に輸入代行会社の倉庫に預ける場合は、保管料(30㎤の商品を10日間保管しておおむね500円前後)がかかります。 また、コストを補えるだけの十分な予算を確保していたとしても、外国語での商談や書類作成に不安を感じている方は多いのではないでしょうか?商品を輸入するにあたって必要な仕入書(インボイス)や運賃明細書、包装明細書の作成・ ですがそのためには、中国現地に行って中国銀行口座を作成したり、中国人の保証人が必要になったりすることもあるため、ハードルは高いです。中国輸入なら、激安タオバオ代行「キング」を利用するのが一番! その半面、EPA(経済連携協定)を結んでいる国からの輸入では大幅な優遇を受けられるほか、品目によっては無課税になることもあるので、税関のホームページで事前に確認しておきましょう。



ご入会前の乗り換え見積もりが数字で確認できるので安心です。 はじめて利用する際はもちろん、輸入代行業者の乗り換えを検討しているときにも電話で相談することができます。 クライアントに代わって商品を探し、販売元との交渉などを経て仕入れる際にかかる費用です。航空品や船便を利用して商品を日本に届ける際にかかる費用です。仕入れを行った際にすべての商品がOPPに梱包されていたり、スタッフが日本人なので連絡のやり取りをスムーズに行えたりと、手数料に見合ったサービスの質が有るようです。輸入代行というと、まず通関手続きを思い浮かべる方も多いと思いますが、前述のとおり輸入代行会社の通関代行料に大きな違いはありません(おおむね1万1,800円)。手数料は商品の仕入れとそれにともなう交渉・専門知識が求められる通関手続きは別にしても、買い付けや検品など、自社で対応できる部分は少なくありません。



自社の業務体制や社員のスキル・ ここまで輸入代行の費用の相場について解説してきましたが、実際のところ輸入代行会社はどれくらいの予算から業務を請け負っているのでしょうか? キャパシティの問題から輸入量に制限があったりすることも。大量の商品を輸入する場合、定期的に輸入する場合は、大手との取引実績がある輸入代行会社や、船会社とネットワークがある業者から優先的に検討するのがおすすめです。 たとえば代行手数料ですが、勿論、安いのに越したことはありませんが、手数料0円など安いのを謳って実は国際送料などに利益を乗せて結局のところ高くつくなんていうのは良くある話です。 その際にかかるのが転送手数料です。転送手数料の相場は1回につき1,000円~1,500円。上記のほか、 https://bookmarkstore.download/story.php?title=k%EF%BF%BD%E5%9B%BD%E8%BC%B8%E5%85%A5%E4%BB%A3%E8%A1%8C%E6%A5%AD%E8%80%85%E3%82%92%E5%BE%B9%E5%BA%95%E6%AF%94%E8%BC%83%EF%BC%81#discuss